Styleについて

Styleについて

Styleの存在意義

StyLeという会社がなければなかった、StyLeがあるおかげで、世の中を幸せにできる量を最大化すること。
StyLeに関わった人々の幸せへの原動力となる会社であることが我々の存在意義です。

曖昧かもしれませんが、僕たちはまだまだまだ成長段階。出発したばかり。
どういう人と出会い何ができるか、何をしてあげれるかはまだまだ未知数。

昨日までの正しいと思っていたことが間違っていたら
反省して謝って、即軌道修正することだってある。
決まっているのは、正しいことだけを圧倒的に追求する精神と、優秀で素敵な仲間を集め続けること。

これが、私たちのビジネスの根本です。

Style

StyLeの社名の中の2つの大文字は、僕たちが重視している2つの要素
『Success(勝つ=利益)』と『Lark(あそび)』を表しています。

仕事で遊び続けるために、土台である勝ち(Success)にこだわり続ける。
それがStyLeのスタイル(働き方)です。

僕たちは、仕事をあそびに変え、世の中の『働く』の価値観に変化を生み出し、
驚きと感動の詰まった仕事、職場であり続けます。

仕事のイメージといえば、会社のために、上司に押し付けられた仕事で他人の時間を生きるような、
生活するためのこなす仕事というイメージの人が多いように思います。

『あー明日仕事だ。。』『やったー、明日は休みだ!』
という声を多く世の中では聞きます。寂しい。。
人生の大半は仕事なのに。仕事は楽しくて、人生は楽しいものなのに。
仕事とプライベートの境目をなくしたい。

僕が一番質問されて困るのが、『明日は仕事ですか?休みですか?』です。
仕事とプライベートの境目が全くない僕は答えにいつも困る。
この感覚が仕事をあそんでる状態で、人生楽しめてるコツかなと。

僕たちの仕事は、会社を通じて、自分のためにやりたいことで挑戦して、
他人にやらされる作業ではなく、主体性のある自分の時間を生きるのです。
それが仕事をあそびにするコツです。

自分のやりたい挑戦をし、成長する。成長するとさらに任せられる仕事になる。
責任が増える。つまり、裁量が増える。自分の判断で仕事ができる。
つまり、どんどん自分の時間を生きられるようになるのです。それは楽しいですよ。
この循環を生むためには、まず確認すべきことは、常に挑戦できる環境にあること。

そして、社内に変な物差しがなく、仕事も、給与も、環境も、自分次第で(やる気と結果で)全て変えられること。

あとは、挑戦するだけ。出来る出来ないじゃない。成長すればいい。

やるかやらないかだ。自ら考え自ら動く。

僕たちはできないことを背伸びして挑戦し、
やりながら覚える集団です。
失敗しようが、周りに何言われようが結果がすべて。

僕たちは成長し続けるから最後には必ず笑う。

挑戦して失敗するは一瞬の恥。挑戦しないは一生の恥。

そうやって、根源となるおもしろいやりたい挑戦を思いっきりし続けるためには、やっぱり原資となるお金が必要だ。

それに、仕事であそんで利益を出さなければ、何の貢献も社会に貢献してないことになる。

それでは、悪ふざけになってしまう。

給料も上がらなければ面白くない。

だから僕たちは本気であそんで、本気の本気で結果(Success)にこだわる。

仲間と一緒にあそび(Lark)続けるために。
仕事の遊び方のコツ、教えます