StyLeの歴史

StyLeの歴史

会社の飲み会

会社の飲み会
上井草で、少しずつは常連さんが付いてきたものの売り上げはまだまだ状態。。結果が欲しい。。本当にこのままで俺は大丈夫か、、とうい不安が頭をよぎりながらも、
やるしかないとがむしゃらにやっていったときに、会社の社長も参加の飲み会があった。社長と会える。アピールのチャンス。。
しかし、その日めちゃくちゃ体調が悪く、こんな体調で社長の前に行っても逆効果じゃ。。激しい飲み方するって聞くし。。とか、クヨクヨとぎりぎりまで行くか行かないか悩んでいた。
でも、気合いだ。崖っぷちなんだから一つもチャンスを無駄にするわけにはいかない。と思い直し、ロキソニンぶち込んで飲み会に参加。
社長が飲み会の中、いろいろみんなと話している中、急に独立したい社員たちに、『どうやってするの?』って具体的なプランを聞いてくる質問を投げかけてきた。
みんな返答に詰まる中、僕の番がまわってきた。
めちゃくちゃ緊張しながら、
『一年で独立するのですが、まだ何も分からないので、まず半年で今の店舗を繁盛店に変え1店舗を成立させる力をつけて認めてもらいます。そして、それから3か月間のうちの休みの日を使って、他の業態を勉強するために系列店で働かせてもらいます。そして、最後の3か月間の休みで独立に必要なものを勉強させてもらうために、社長とひできさん(今の副社長)にくっついて回ります!』
ってざっくり考えていたことを言った。。
そしたら、『しっかり考えてるやん。』って言ってもらって、そこから、集中的にいろいろと話をしてくれた。
売り上げのベースこそ大した金額ではないが、日々の頑張りも感じていてくれているとのことだった。
もともと気持ち悪いメール送ってるので、少しは目にかけてもらっていたのもあったと思うが。
その時、そうとうくすぶっていた僕は、想いとかを書きなぐっていたりなどをしていたノートをいつも持ち歩いていた。(笑)
その時に恥ずかしくもそれを見られることにもなり。。
ただ、そうとうアピールはできた。体調悪かろうが行ってよかった。
やっぱり何があるかは分からないのだから、チャンスにはすべて食らいついていかないとだなと改めて思う日になった。
行動を起こせば、嫌な思いするかもだけど、良いこともある。何もしなければ、どちらも絶対にない。そもそもリスクなんて全然ないのに。
簡単なことなんだけど、当時の僕はまだ行動癖がまだ付いてなかった頃だった。。

・やってしまった後悔はだんだん小さくなるけど、やらなかった後悔は日に日に大きくなる。

だね。
詳細を見る